誰でも子どもの頃に使ったことのある身近な画用紙。がようしラボは、マルマン株式会社の画用紙を使い、実験・活用・交流をする活動です。

がようしラボの3日間に渡るワークショップの様子を撮影いたしました。子供から大人まで、

手と体を使って楽しみながら画用紙を使うことで、頭の中をぐちゃぐちゃにして、想像力を広げ、発想力を増やし、創造力を鍛える様子が伺えました。

企画は、株式会社シュウヘンカ(萩原修さん)です。この企画に携わっている方は、国立にあるつくし文具店の「ちいさなデザイン教室」の日直の皆さんです。僕自身も2013年の1年間、日直を担当し、ちいさなデザイン教室の第2期生でした。僕は撮影をしましたが、webデザイン、ロゴ、音楽、イラスト、運営などのほとんどを日直の皆さんで作り上げています。

Client:株式会社シュウヘンカ

Year: 2017