井上杏乙 / 絵を、毎日描くよ。


新宿マルイ本館1階 b8ta(ベータ)で、2021年10月9日(土)から10月15日(金)まで開催された、

井上杏乙個展「絵を、毎日描くよ。-365日、絵日記をまいにち、描き続けてきて8年。」

に行きました。


彼女との出会いは、僕がいつも現像・プリントしている東京・学芸大学の写真屋monogramです。

写真教室というワークショップの2期生(自分)と3期生(杏乙ちゃん)で、確か3期生のグループ展に行った時が最初でした。

その時にはまだ彼女は、このようなイラストを描いていない時期でした。


写真も好きな彼女ですが、何か表現をしたいと思った末に自然と辿り着いたのが、

この「絵日記」だったそうです。

「毎日、何かを続けたい」と思い立ったその日が、2013年10月10日からとのこと。


そこから、365日、毎日絵を描き、言葉を添えて、iphoneで撮った写真を、

たいてい、23時にインスタグラムに投稿されています。

https://www.instagram.com/nekota2/


今年で9年目とのことで、2021年10月9日時点で、2922日。

2922日、まいにち、です。

僕も、これまで、何回か個展やグループ展に足を運ぶ度に、

「続けていてすごいね。」と話すのですが、本当にすごいと思います。


ちなみに、この絵日記は、marumanのクロッキー帳に描かれています。

お気に入りのボールペンとコピックなどで絵日記をつけ、最後に日付のはんこが押されています。

日付が印字されるカメラを使って、日々の出来事や実体験、妄想などの

彼女の想いがシャッターを切られて、この絵日記に投影されているかのように僕は感じます。


今回の展示は、

・絵日記の額装作品(新しく描きおろした作品7点と過去の作品)

・アナログいいね(過去の絵日記に、♡シールでいいねをつけれるコーナー)、

・あんなばななおみくじ

(1回500円で、引けるおみくじ。ランダムに過去の絵日記の絵と言葉が印刷された

カードサイズのクリアカードが当たります。「大吉」となる原画も数点あり)

・木漏れ日採集記(光と影をノートに集めた映像作品)

他、ポストカードや本などの販売もされていました。


僕が一番いいなぁと思ったのが、「木漏れ日採集記」です。

こちらは、インスタグラムのストーリーズに投稿された10秒くらいの動画をまとめた映像作品です。会場では、約9分間に編集されて流れていました。


光と影を集めた映像なのですが、ノートに集められた光は、

時に彼女のイラストにより完成された世界になり、

映像を見ていると、まだまだ知らない世界があるのだなと気付かされました。


絵日記もいいけど、最近この作品がとても気に入っています。

写真だけだと伝わりづらいので、気になる方は彼女のアカウントから

プロフィールのストーリーズまとめにある「木漏れ日採集記」をご覧になってください。

一部ですが、ご覧いただけます。



今回、「3月のはなし。」という絵日記をまとめた文庫本サイズの本を購入しました。

このシリーズは、今年から発売をはじめたそうで、現在「3月のはなし。」から「10月のはなし。」までがあり、オンラインショップでも販売中。


月によって異なりますが、絵日記を始めた2013年から2020年の7~8年分の

それぞれの月の絵日記を厳選してまとめた内容になっています。

おそらくですが、それぞれの月の出来事に想いを馳せながら、編集されたのだと感じます。



一見、可愛らしいタッチのイラストや言葉たちに惑わされそうになりますが、

切り取っている世界は、女性らしさや女の子らしさというものはもちろんのこと、

彼女だからこそ見えている視点に溢れていると思います。

その世界に気づかなければ、こういう絵日記は描けない、と僕は思います。


それは、まいにち、何かを続けるということで、培われたものもあると思いますが、

元々、何かを観察するアンテナを持っていたからなんではないかなと感じます。


いつも展示に行く度に、つづけることの凄さを肌身で感じ、

つづけることへの大切さを改めて実感させてくれます。

もう一つ、思い立って、絵日記を描こうと思えた、2013年10月10日の彼女がいたからこそ、

ここまで来たのだろう、と思います。

だから、何かを思い立った時にそれを掴むのも結構大事だなと、感じるこの頃です。


今後、どのような世界を見せてくれるのかが、楽しみです。








閲覧数:20回

9月28日水曜日。東京都近代美術館にて開催されているゲルハルト・リヒター展へ行った。 今週末10月2日(日)が展示最終日ということもあって、混雑していた。 1時間毎の整理券で入場人数を制限していて、美術館には14:00頃着いたけど、15:00-16:00の整理券を配り始めていたところで、近くの毎日新聞社が入っているビルで暇をつぶして、14:30頃から並び、会場に入れたのは15:00頃だった。 リヒ