武居功一郎 / column


※展示写真の掲載は、ギャラリーより許諾いただいています。


2021年11月13日(土)から、12月5日(日)まで、東京・外苑前のアートギャラリー「TAKU SOMETANI GALLERY」にて開催されたアーティストの武居功一郎さんの個展に行きました。


武居さんは、写真画像などを素材とし、デジタル処理によって作品を作っている作家さんです。DOOKS を通じての出会いで、個人的にも交流があります。後に紹介しますが、僕の写真集をデジタル処理した作品集も生まれました。


今回の展示は、武居さんが撮影した写真をデジタル処理した作品のプリント、映像作品、立体作品でした。


デバイス上で見ていたデジタルデータを、プリントされた状態で見る行為、

さらに僕で言うとファインダー越しに見る行為、

そして撮影されたデータをまたデバイス画面で見る行為。


デジタルとアナログを行き来しているようでそうでないような、境界が曖昧な、なんとも不思議な感覚になりました。撮影している時が一番、不思議な感覚に襲われ、思わず撮影の途中に、「なんか変な感覚になります」とその場にいた武居さんとギャラリーオーナーの染谷さんに漏らしてしまった。



また、今回は、ギャラリーの初の試みとして、プリント作品とデータそのものであるNFT作品を同時に提供されていました。

NFT作品といえば、昨今話題になっていますが、僕も正直わかったようでわかっていなく、これを機に調べてみました。

専門家でもないので、既存の記事からそのまま引用させてもらいます。


美術手帖「NFTが生んだデジタル・アート売買の新たな生態系を探る。『美術手帖』12月号の特集は「NFTアートってなんなんだ?!」」

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/24807


NFTは、Non-Fungible Token(※非代替性トークン)の略で、ブロックチェーン技術を活用することで、「これはその人がミント(結合)したもので、ユニークなものです」と証明することができるテクノロジー。唯一性を持つデジタルデータ認証。

※トークンとは、簡単にいうと仮想通貨や認証のこと。

※ブロックチェーンとは、ネットワーク内で発生した全ての取引を記録する「台帳」のこと。データベース。


この技術の出現により、それまでは資産価値がつきにくかったデジタルデータが、唯一無二の資産として価値を持つようになる。そのためにデジタルアート作品に価値がつき、高値で取引されるようになる。


例えば、写真家で言うと、オリジナルプリントだけではなくそのデジタルデータにも価値がついて、広く世界に流通することが可能ってことかな。。。そのデータも、ちゃんとエディションもついて管理されるってことかな・・・。あっているのかもわからないけど。でも、アーティストにとって可能性が広がることは間違いなさそう。この文章を書きながら、なんとか理解できた感じです。。。ただ、流通の仕方など、まだまだわからないことだらけ・・・で僕もこれから勉強していこうと思います。



さて、今回はプリント作品の他に、映像作品もあります。武居さんのinstagramでも、2つほど紹介されています。

https://www.instagram.com/reel/CW7DzRllnQy/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/reel/CW0dz3RFuyl/?utm_source=ig_web_copy_link



今回のDMのモチーフにもなっているトランプ。

デジタル処理されたトランプが、無造作に配置されていました。



2020年11月にDOOKSから、刊行された「SIDE BY SIDE BY SIDE」

こちらは、僕が2014年にDOOKSから出版した写真集「SIDE BY SIDE」を、武居さんが「lines」という作品を基に、デジタル処理によってまるごと描き換えたものです。本の機能・物質性を消滅させ、本ではない別のオブジェクトへと変換する試みです。

視覚における触覚、運動感覚の側面から、実体としては存在しないデジタルの物質性を表現し、新たな側面を見出すということで「SIDE BY SIDE BY SIDE」と名付けられています。

版元紹介ページ:http://www.dooks.info/279-dooks2.html


下画像のように元と比較してご覧ください。

写真:DOOKS



写真:DOOKS



----展示について----


「column」


2021.11.13 Sat – 12.5 Sun 13:00 - 19:00 
月火定休


-


武居功一郎 / Koichiro Takesue


https://koichiro-takesue.tumblr.com/

https://www.instagram.com/kotakesue/


TAKU SOMETANI GALLERY


https://takusometani.com/

https://www.instagram.com/taku_sometani_gallery/


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目10-1サンデシカビル1階


-


(ギャラリーからの紹介文引用)


この度、TAKU SOMETANI GALLERYでは、武居功一郎個展「column」を開催いたします。 武居功一郎は1974年生まれ。2000年初頭よりデジタルデータであるピクセル、画像の物質性をテーマにした作品を発表しております。今回の個展では当ギャラリー初の試みとして、プリント作品、映像作品と共にNFTでの提供を考えております。是非この機会にご高覧頂ければ幸いです。

・アーティストステートメント 写真画像などを素材とし、デジタル処理によってピクセルの物質性をテーマに制作。 タイトルの「column」とは大脳皮質の柱状の機能単位であり視覚情報の各特徴をそれに反応するコラムが処理しています。 今回の展示では制作した画像を別の領域に持ち込むことにより物質性と非物質性、デジタルとアナログの境界の新たな反応を探ります。

武居功一郎/2021年


閲覧数:12回