記憶の中で、だんだん薄れてしまうんだけど、突然蘇ってきてしまうことがあります。楽しい出来事も、悲しい出来事も。

おきたい。


僕は死ぬまで写真を撮り続けると思います。その撮った写真を節目、節目で何度も見返すでしょう。